Category =>ブログ, 一般, 最新情報, 未分類

第3回「香りの化学と美学」セミナーの様子

第3回「香りの科学と美学」セミナーを先日12月2日に開催しました。

今回のテーマは「香りの捕集~良い香りを良いままに取り出す~」

 

今回も当協会顧問の藤森 嶺先生(農学博士、東京農業大学客員教授、北海道文教大学客員教授、食香粧研究会理事)による、ユーモアを交えたとても興味深いお話をしていただきましたので、ダイジェストでお伝えします!

img_5371

 

☆冬の花「スミレ」の香りについて

毎年12月に先生が学生を連れていかれる南仏のグラースへのツアーの際に寄られるニース近郊のトゥレット・シュルル・ルーという村は、香料用スミレの産地として有名で、その村に続く道は素晴らしくいい感じのところ、とのこと。スミレの香気を感じるフランスの田舎の風景を連想します。いつか行ってみたいです!

ところで、スミレは一般的にはあまり香りがしませんが、スミレの種類の中に良い香りのする匂いスミレの品種があり、スミレの花の香りの特徴であるα―イオノンを多く含むそうです。もっとも、精油は少ししか取れず価格はなんと、1㎏ 1,000万円! 価格が高すぎることにより、現在では流通しておらず、合成香料に置き換わっているそうです。

トゥレット・シュルル・ルー村では、現在はスミレの葉の香料(バイオレット・リーフ)を生産しているとのことですが、バイオレット・リーフの香料はフレグランスのグリーン調の香りを表現するためにとても重要で、当協会でも大切に使っています。

img_5373

トゥレット・シュルル・ルー村の香料用の匂いスミレ

 

☆良い香りを良いままに取り出すには

花などの良い香りを変化させずに取り出すのは、すごく難しいということが、今回のセミナーで分かりました。

そのために古来から現代に至るまで、様々な手法が工夫されてきたことも!

img_5375

 

精油の抽出法で一般的に知られているのは

・水蒸気蒸留法

・溶媒抽出法

・圧搾法 などですが、

水蒸気蒸留法ひとつをとっても、植物の精油の収穫高の違いや、蒸留経過時間による精油のグレードの違いなど、改めて詳しく知ることができました。

img_5383

やはりローズ精油の収穫量は本当に少ない!

 

img_5384

 イランイラン・エキストラは2時間以内に抽出されたもの。

その後、時間の経過によりグレードが下がります。

【参考】 「香料と調香の基礎知識 産業図書」

 

また、香気成分が親水性か親油性かによって、水蒸気蒸留法か溶媒抽出法を選択することで、エッセンシャルオイルとアブソリュートに分別されるのですね。

img_5382

 

熱をかけることで香りを変質させてしまう水蒸気蒸留法の弱点や、溶媒除去の際に一部の香り成分も除去してしまう溶媒抽出法の弱点を考えると、古来からのアンフルラージュ(冷浸法)が良いとされていますが、手間と時間がかかるため、現在ではほとんど使われていません。

 

そして近年では、それらの問題を解決できる抽出方法として

・超臨界抽出法

・SAFE(高真空蒸留装置)による抽出法 などが用いられているそうです。

 

含有量が少なく閾値(香りの強さ)も低いけれど、全体の香りに大きく影響を与える香気成分が存在する事例は多いことからも、良い香りを良いままに取り出す試行錯誤はこれからも続けられるのですね。

そのような苦労のうえに手に入れることのできる植物のエッセンス(香料)。改めて感謝と愛情を感じます。

 

☆今回の調合実習のテーマの香り

12月のブレンドは、以下の3つの香りをブレンドしていただきました。

<トップノート>

・ベルガモット  紅茶のアールグレーの香りづけにも使われるフレッシュな香り

%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%a2%e3%83%83%e3%83%88

 

<ミドルノート>

・ネロリ  ビターオレンジの花の温かみがある華やかな香り

neroli

 

<ラストノート>

・ヴァニラ   甘くふんわりとした優しい香り

%e3%83%90%e3%83%8b%e3%83%a9%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba

3つの香りについて、その特徴や代表的香気成分についての説明の後  

いよいよ皆さん、3つの香りを思い思いに調合いただき、

12月のアロマフレグランスの完成です。

冬のフレグランス、皆さまにほっとリラックスしてもらえる香りのエッセンスとなりますように。

img_5378   img_5379

 

セミナーのあとは、恒例の参加者の方の懇親会にて。

皆様方の交流や先生への質問など、いつもながらあっという間の楽しい時間でした。  

 img_5381 img_5377

 

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。  

次回のテーマは「香りの分析~どんな香り物質があるのか」

植物の持つ心地よい香りの正体に迫ります!!

 

香りのブレンド体験は、グリーンティー、ダマスクローズ、ローズウッドです。  

 

次回も皆様のご参加お待ちしております!

第3回目 2017/2/3(金)19:00~21:00

テーマ「香りの分析 ~どんな香り物質があるのか」

香りの体験:グリーンティー、ダマスクローズ、ローズウッド

※毎回、後半30分でワインと軽食をご用意します。懇親の場をお楽しみください。

場所: 東京都港区南青山2-2-15  1F カフェ・クルー会議室

http://cafecrew.jp/information/ ※かフェの入口からお入りください。

会費: 会員:2,500円、一般:3,500円(受講料、フレグランス材料費込)/ 1回参加分

定員: 20名 (定員になり次第、締め切らせていただきます。)

 

お問い合わせ・お申込みはこちらから

メールマガジン登録