Category =>ブログ, 一般, 最新情報, 未分類

「香りの化学と美学」セミナーの報告

 先日10月7日に「香りの化学と美学」セミナーを開催しました。

今回のテーマは、「天然の香りの魅力」について

講師の藤森 嶺先生(当協会顧問、東京農大客員教授)
がこれまで研究されてきたご経験から、
天然香料と合成香料について

様々な興味深いお話をしていただきましたので

ダイジェストでお伝えします!

img_5013 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆天然の香りの魅力とは?

お話のなかでも印象的だったのは ローズやラベンダーなど、

その植物ならではの特徴的な香りがありますよね。

その「一番特徴的な香り成分」は、実はとても微量に存在しているもので、

香気分析しても発見できない場合が多いということ! とても不思議ですね。

そして、多量に含まれる香気成分は、ほかの植物にもよく見られ構造も

比較的単純だけれど、香りの骨格を成すのだそうです。

ひとつの植物の香りは、とても多種多様で数百種類の香気成分の集合体ですが、

ほんの少ししか入っていない成分が大量に入っている成分より香りに大きく

影響するなんて自然のマジックですね!  

 

一方、市販されるファインフレグランスに天然香料を使用する場合の欠点

要約すると

・天然の香りはすでにひとつひとつがバランスのとれた良い香りのため、調合が難しい。

・製品化する場合、香りの持続性の点で合成香料に劣る。

・大量入手するのに、大量栽培が必要でコストも大きくなる。

このような理由で、販売されているフレグランスの多くは

おおよそ、成香料4:天然香料1の割合で調合されているそうです。  

 

☆季節を感じさせる香り、「キンモクセイ」の香りについて

%ef%bd%8b%e3%82%93%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%9b%e3%81%84

 

 

 

 

 

キンモクセイ(モクセイ科、モクセイ属)の香りの主体は

 γ-デカラクトン  

全体の10.1% の含有量ですが、柔らかく甘い香りです

また、イオノン類が少量ながら沢山あるのも特徴で、

植物の色素の一つβ-カロテンが酵素により分解されてβ-イオノンという香りになる、

まさに「色から香りができる」というのも、とてもドラマティックです!

img_5006  

 

☆合成の方法、合成の必要性について

具体的に触媒を使う合成についてのお話。

合成の必要性については、確かになるほど、というものでした。

天然香料を分析した結果の検証が合成により可能にもなったのですね。

合成香料の歴史では、産業革命以降、次々と発明された合成香料を

作り出した人々の努力や発見の喜びを感じることもできました。

また、バニラの主成分、バニリンの合成例などの説明では

様々な合成例があることに驚きました。

img_5008

 

  ☆今回の調合実習のテーマの香り

・マンダリン  フレッシュで温かみのある柑橘の香り

images

・イランイラン  高揚感のあるエキゾチックな香り

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%ef%bc%93

・パチュリ   深みのあるオリエンタルな香り

パCHり

3つの香りについて、その特徴や代表的香気成分についての説明の後  

いよいよ皆さん、3つの香りを思い思いに調合いただき、

10月のアロマフレグランスの完成です。

img_5023 img_5025

 

セミナーのあとは、今回も先生や参加者の方の懇親会にて。

皆さんから先生へのたくさんのご質問で、いつもながらあっという間の楽しい時間でした。  

img_5020 img_5019

 

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。  

次回のテーマは「「香りの捕集~良い香りを良いままに採り出す」

ますます、天然の香りの魅力について迫っていくテーマです。  

 

次回も皆様のご参加お待ちしております!

3回目 122(金)19:0021:00

テーマ「香りの捕集~良い香りを良いままに採り出す」

香りの体験:ベルガモット、ネロリ、バニラ

※毎回、後半30分でワインと軽食をご用意します。懇親の場をお楽しみください。

場所: 東京都港区南青山2-2-15  1F カフェ・クルー会議室

http://cafecrew.jp/information/ ※かフェの入口からお入りください。

会費: 会員:2,500円、一般:3,500円(受講料、フレグランス材料費込)/ 1回参加分

定員: 20名 (定員になり次第、締め切らせていただきます。)

 

お問い合わせ・お申込みはこちらから

 

メールマガジン登録