Category =>ブログ, 一般, 最新情報

蓮の香り そして、空にまっすぐ伸びる姿に魅せられて

こんにちは。 協会理事・本部講師の 堀 綾子です。

今回は、『蓮(ロータス)』についてご紹介します。

蓮の花の香りにはいくつか種類があり、ピンクロータスやブルーロータス、ホワイトロータスなど、

会のデザイナーコースでも学ぶ、大変希少な香料の一つです。

 

image  image  image 

 

先日、行田市にある『古代蓮の里』に蓮を見に行ってきました。

蓮の真っ直ぐ空に向かい伸びていく姿にすっかり魅せられてしまいました。

入り口を入ると、すでに仄かに香りを感じました。

image

蓮の花は、日の出ごろ、咲き始め、徐々に閉じていきます。

1日目は、完全に開かず、2日目に花が咲きます。(この時が一番香りが強いそうです)

確かに、花により香りの強さに違いがありました。満開ではない花が一番香りを強く感じ、今思えば2日目だったのかな?香り自体は、エッセンシャルオイルとは少し違い、もう少し青臭さを感じる香りをベースに、甘さを感じるものから、スーとする香り、そして、柑橘系の香りが強く感じるものと様々。

人にも個性がある様に香りも、個性がありますね!「蓮は、泥水だから大きく育つと知っていましたか?」

実は真水に近いようなきれいな水では育たないそうです。そして、根が繋がっているのですね~!蓮根です(^O^)/  

私達がみる水面上では、一本一本、独立して見えるのに、水面下では、みんな手?足?をつないでいる!

image

蓮というと、お釈迦様をイメージする方が多いのではないでしょうか?お釈迦様が生まれたとき足跡から蓮の花が咲いたといわれています。

蓮は神聖な花とされ、古代エジプトの壁画などにも描かれています。

蓮の花を初めて、こんなにゆっくり見ました。皆さん、花が開く時どんな音がするかしってますか?実は『プッ』だそうです!

今回は、残念ながら聞けなかったのですが、いつか絶対聞いてみたいと思いました!

 

 

メールマガジン登録