Category =>ブログ, 一般, 最新情報

女性ホルモンを高める香りって?

こんにちは。
アロマフレグランス調律協会代表 井崎真奈美です。

今日は、気になる女性ホルモンについて、
そしてその分泌を高めるという天然の香りについて書いてみました。

<動画はこちらから>

エストロゲンは、ご存知の通り、
特に女性にとって大切なホルモンで、
女性らしい体型や美肌にしたり、
月経の周期に関わったり、
妊娠、出産にも影響する大切な働きをします。

当然、このホルモンが不足すると女性らしさが失われてしまいます。

エストロゲンは若いときは分泌されていて
特にホルモンバランスに支障はないのですが、
加齢とともに分泌が減少していきます。(残念!)

エストロゲンが不足すると起こる主な症状としては
・骨粗鬆症(骨に含まれるカルシウム量の低下)
・体重の増加(コレステロールが体内に溜まりやすくなる)
・更年期症状(ほてり、頭痛、めまい、うつ状態など)

40歳を迎えるころから卵巣機能が低下し始めて分泌量が減少。
更年期になると初潮以前にまで分泌量が減り、
閉経後はさらに減少します。

若さや美しさを保つためには、
意識してこのエストロゲンを増やす努力をしなければなりません。

そこで、ある香りがホルモンの分泌を促進することが
分かりました。

エストロゲンの分泌を促進する香りとは
「アンブレット・シード」というアオイ科の植物から得られる種子。

原産はインドなどの熱帯アジアです。

香りは、古くから女性の魅力を引き立たせるために用いられている
「ムスク」の香りに似ており、深く芳醇な高級感を漂わせます。

ムスクの香りを持つ植物は少なく、貴重でもあります。

大手化粧品会社の研究により、アンプレットシードの香りを
嗅ぐ前に比べ、嗅いだ後に「エストロゲン」の分泌が
高まっていることを確認することができました。

アロマフレグランスでも、ムスクの感応性と持続性、
そして柔らかな温かさを表現するのに欠かせない香料なんです。

メールマガジン登録