Category =>ブログ, 一般, 最新情報

香りの変化~3つのノート

いくつかの天然の香料を調合したフレグランスは、

つけてから香りがなくなるまで、3段階に変化しますが

それを「香りのピラミッド」で表すことができます。

 

3段階の香りとは・・

動画ではこちらから

まずは、つけた瞬間にフワッと香るトップノート

(つけてから5分~10分くらいの香り)

 

次に 香りの中核、ハートとなるミドルノート

(つけてから30分~2時間くらいの香り)

 

そして最後に 余韻として残るラストノート

(つけてから2時間以上消えるまでの香り)

 

この3段階の香りの変化は、

それぞれの特徴で私たちの心理面にも変化をもたらします。

 

(3つのノートの心理的効果)

1・トップノート・・・爽やかでスッキリした柑橘類やハーブなどの香りで、気持ちをリフレッシュし、活性化します。

 

2・ミドルノート・・・花々の華やかな香りなどの香りで、幸福感や高揚感を高めます。

 

3.ラストノート・・・木々の香りやスパイスなどの香りで、温かみを与え気持ちを落ち着けます。

 

フレグランスを選ぶ際には、基本的にはその時の自分にとって

心地よいと感じるものを選ぶのが一番ですが、

こういった香りの心理的効果を利用するというのもあります。

 

例えば、気分をリフレッシュして前向きにしたいときは、

トップノート主体の柑橘系オーデコロンなどを、

ハッピーな気持ちを大切にしたい時はミドルノート主体のフローラル系の香りを、

落ち着きや自信が必要と思うときは、

ラストノート主体のウッディー調やオリエンタル調の香りを。

 

最近、市販されているフレグランスには、

合成の香料の使用によりつけたときの香りがずっとそのまま持続するものもありますが、

自然の香りが入れ替わりながら心に作用する天然のフレグランスには、

心に寄り添う優しさがあります。

メールマガジン登録