Category =>ブログ, 最新情報

香りの記憶

こんにちは。

このところ、日に日に暖かくなり、コートを脱いで身軽になれるのが嬉しいです。

 

夕方、外出からの帰り道、どこからか「あの!」懐かしい香りが・・・!

小学校の帰り道、中学の部活の帰り、大人になってからも、

この季節に心のトーンを高くしてくれる

あの甘くまとわりつくようでなんだか心地よい香り。

 

ありました、ありました!「沈丁花」の生垣が。

Daphne_odora-ja01

 

春めいてくるこの時期独特の湿り気のある空気と一緒に、

つかのまタイムトラベラーになってしまいます。

 

香りにより、いきなり過去に引き戻される経験はありませんか?

 

たとえば、甘い香水の香りから、

母親の鏡台をこっそり開けた子供の頃の記憶や

大好きだった人がつけていた柑橘系の香水を街角でふと嗅いで、

当時の気持ちを思い出したり。

 

それは、香りを感じる嗅覚の伝達経路が、

脳の記憶を司る「海馬」という場所に近いところにダイレクトに届くからなのです。

 

そういえば、嫌いな香りも記憶によるものってことがあります。

友人で、ローズの香りが苦手という人がいて、

そんなことを色々話していたら、

とても苦手なピアノのレッスンのときに先生がつけていたのが、

ローズなどの花の香りだったということが分かり、

深く納得したのでした。

メールマガジン登録